世界一周準備

世界一周のテーマとは?

こんにちは。ともかりん(@tmkrntrip)です。

誕生日を迎え27歳に突入し、セブで顔面ケーキやテキーラタワー、大量のビールをいただきはしゃいでしまいました笑。(プレゼントは年中お待ちしてます♡)

 

 

 

 

 

 

ということで、本日は私の旅のテーマについてお伝えしたいと思います!

世界一周にテーマって必要?

漠然と私は思いました。『世界一周のテーマって必要?』

 正直、CROSSxROADに来るまで私は
『気ままに世界一周したいしテーマなんていらないでしょ〜』
『テーマに縛られてたら自分がしたい旅ができないんじゃないの?』
って思ってました。(とても強く。正直、テーマ決めるのも面倒だった笑)

ところが出会ってしまったんですよ。CROSSxROADで。(←詳しくはクリック)

世界一周するにあたり、はっきりとわかりやすいテーマ持ち世界一周する予定で
ブログ書いて発信してる人達に。(しかもほとんど年下かつ男子。しかも結構イケメン笑)

テーマがあるからこそ世界一周中にしたいことがはっきりとわかるとともに
世界一周中のモチベーションの維持にもつながる。
別にテーマ以外のこともブログに書いたり経験したりすることは問題なし。

そして一番私がテーマ持った世界一周をしたいなと思った理由は
イケメンたちが酒飲みながら楽しそうに今後の旅について話をしてる姿
を見たから。(27歳のわたしにとっては最高の目の保養w)
そして『絶対自分しか書けないテーマ見つけて世界一周したほうがいい』って熱弁してくれたから。
そしてなんと翌日には自分のなかでメインテーマが決まってしまう単純思考。
(イケメンって偉大だ。まじで。私にとってのinfluencer達)

私の世界一周テーマ

『自分にしか書けないテーマとは?』

この質問ってかなり難しいものでした。
なにかに秀でているものなんてないし、人様に言えるような功績や特技もなにもない、、
持ってる免許は普通自動車免許(当たり前)、看護師免許、保健師免許、助産師免許。
ただ、ふと思ったのはいろんな人と
『看護師さんって多いけど助産師って珍しいよね。』
という会話をよくするということ。
調べてみると、
看護師は166万人に対して助産師は4万人


え、、、、

めっちゃ少ない。私そんなに少ないなんて知らなかった、、
何気に貴重なんだこの資格。(改めて実感した)
助産師は自分の強みになり得るのではないか、、

助産師の視点だからこそできること。世界一周旅行記を記したブログはたくさんあるから個性がでるテーマとは。

4年間助産師として働いて、10人近くの日本に住む外国人の方の妊婦健診や分娩、産後のケアをさせてもらったが
その時に感じた驚きや違和感や不思議な気持ち、感銘受けたこと。
少人数でそんな感情を抱くのだから世界中で妊娠中やお産のこと、育児について話を聞いたらめちゃくちゃおもしろいのではないだろうか!!って考えたのです。
(しかも2日酔い状態でひらめいた。たまには2日酔いも悪くないね笑)

ということで私の世界一周のテーマは

世界中に住む出産育児経験中の日本人にインタビュー
〜日本と比較してみよう〜

これに決めました。
妊娠中に気をつけることやお産前後のこと。育児の考え方。
国によって異なってたり、慣習があったり。(これってエビデンス的にOKなの?ってやつも何個か聞いたことがあります)
世界は広いし、宗教や価値観も様々。だからこそビックリしたり衝撃を受けたりするようなことがあるのではないでしょうか。
4年間助産師として経験してきたことや助産師としての知識を踏まえて考察できたらいいなと思っています。
なのでぜひ取材させてください笑。
世界のどこかで出産した日本人の情報お持ちの方!ぜひ笑♡

では今日はこの辺で。あービール呑みたい(in Cebuのcafe)

ABOUT ME
tomokarin
tomokarin
27歳。女子。職業は助産師。 好きなものは旅とお酒と音楽(特にROCKとEDM) 2018年4月〜8週間セブ留学終了 10月〜西廻り世界一周予定