セブ留学

2ヶ月のフィリピン・セブ島留学費用ぶっちゃけます

こんにちは☆ともかりん(@tmkrntrip)です。

現在はタイ・バンコクにおり、世界一周を開始したのですが
4月から5月末までしていたフィリピン・セブ島にある語学学校CROSSXROADでの留学費用を大公開したいと思います!
(めっちゃ遅くなってすいません。これは書かないとって思ってたのですが今になりましたww)

CROSSxROADってどんなところ?

私が留学していたのはフィリピン・セブ島にある『CROSSxROAD』という語学学校です。そして別名『旅人たちの英会話スクール』
オーナーは世界一周を経験した2組の夫婦で、実践的に英語を学べる場であると同時に世界への旅に出発する生徒を出発前から出発後まで徹底的にサポートしてもらえる旅人御用達の学校です。(実際いまでも学校のスタッフさんと連絡とったりしてます☆)

詳しくは別記事に書いているので参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
セブ留学inCROSSxROADこんにちは。ともかりん(@tmkrntrip)です。 私は今フィリピンセブ島で8週間語学留学をしています。 日本から近く...
あわせて読みたい
セブ留学!CROSSxROADで私が手に入れた5つのことこんにちは!Maayong hapon(ビサヤ語)! ともかりん(@tmkrntrip)です。 現在私は、セブ・マクタン空港のC...

2ヶ月のセブ留学でかかった総費用

2ヶ月の総額            583,310円

内訳 費用(円)
入学金 10,000
授業料 300,000
SSP費用 11,550
ビザ延長費用 6,930
水道光熱費 11,000
海外航空券 56,000
外食、レジャー、交通費 151,000
海外旅行保険 36,830
合計 583,310

コース:世界一周コース【マンツーマン6時間+グループクラス2時間(希望制)/4人部屋】

いかがでしょうか?

『こんな高いの?』
『お前、めっちゃつかったな、、』
『もっと安くならないの?』

さまざまな感想があるかと思います。
正直、自分でも使ったなって思ってます。こんなになる予定はなかった笑。

理由としてわたしの場合、娯楽費が高額です。遊びましたし、お酒もたくさん飲みました笑。自覚ありますとても。

そのうえセブ留学中にダイビングのライセンスを取得したり、フィリピン最後の秘境と言われるエルニドに2泊3日で小旅行に行ったりと結構散財しています。とても楽しかったので後悔は全くしてません笑。

そのため更に低価格で留学することは可能です!(これは声を大にして言っておきます)

語学学校にかかった費用(日本支払い分)

入学金 10,000(円)
授業料 300,000(円):マンツーマンレッスン+グループレッスン+寮費用
+1日3回の食費(週末は朝のみ)

入学金や授業料は各学校によって異なります。授業料がフィリピン留学の半分以上の費用を占めるため授業料によっても留学費用は大きく変わります。

私のところは授業料の中に留学中に寝泊まりする寮等の滞在費や食費も含まれていますが、まれに食事が提供されないなど+αでの費用が必要な語学学校もあるため出国前に調べておくことをオススメします!(ちなみにCROSSxROADのご飯は美味しかった!カロリーは高め笑)

語学学校にかかった費用(現地支払い分)

SSP費用 11,550(円):Special Study Permit(特別勉学許可書)。
フィリピン政府が発給する許可書です。
どこの学校でも取得が義務づけられています。
ビザ延長費用 6930(円):30日を越えて滞在する人に必要な1次ビザ延長費
水道光熱費 11,000(円):現地で使う水道光熱費

SSP費用費用・ビザ延長費用はフィリピンで留学する場合は絶対に必要です。学校で申請・取得してもらえるため個人で申請することはほとんどありません。
書類をちょっと書いて、パスポート渡して、写真を撮ったらあとはスタッフの方が申請してもらえました。楽々です笑。
水道光熱費は、学校により実費精算で支払い(使った分だけ払う)と定額で支払い(1週間あたり○○ペソと固定)としている場合があります。自分の留学先がどちらなのか事前に確認しましょう。

航空券・海外旅行保険にかかった費用

海外航空券(56,000円):往復の海外航空券代
海外旅行保険(36,830円):留学期間中の保険代(東京海上日動火災保険)

海外航空券は時期や利用する航空会社によって変わります。
海外旅行保険は不測の事態に備えて必ず加入しておくことをおすすめします!留学中は住環境や食生活など大きく変わるため体調も崩しやすくなります。(私はセブ島にいるときいつも下痢で週1くらいで吐いてました笑。ポカリスエットとヤクルトとお友達でした♡
海外の治療費は高額になることが多いため『もしも』に備えておきましょう!!
航空券や海外旅行保険の節約方法もあるのでそれは後ほど紹介させていただきます。

現地生活にかかった費用

日用品(トイレットペーパー、シャンプー、コンタクト洗浄液等)5000円    
ショッピング(お酒、衣服、お菓子等)            50000円
外食・カフェ等、バー、クラブ                39,000円
マッサージ、ネイル                     5000円    
交通費(ジプニー・トライシクル・タクシー)         4000円
お土産                           3000円
レジャー(アイランドホッピング等)             10,000円
エルニド旅行(2泊3日)                  50,000円
PADIオープン・ウォーター・ダイバーライセンス        30,000円
合計                        151,000円

私の場合は週末に出かけ、平日も夜は飲みに行ったりカフェで勉強するなどかなりアクティブに動いていた方なので全体的に高額になっています。節約はほとんど考えていませんでした★

特にフィリピ最後の秘境であるエルニドへ2泊3日で旅行にいったり、ダイビングのライセンスを取得しているのでその分の費用が半分以上を占めています。

留学費用の差はここで大きく変わってきます。寮のご飯だけで遊びにもあまり行かないなど節約できる人はびっくりするくらい節約してお安く過ごしていました笑。
このように
生活費は、個人の生活スタイルによって大きく変わります。

留学してた人の話を聞く限り月3〜4万円あれば、週末に遊びつつ不便なく生活が出来るみたいです。
私の場合も旅行やダイビングのライセンス取得費用を除けば7万円程度で2ヶ月過ごすことができたはずです。ただ、私は高額になりましたが後悔はしてません!楽しかったし充実っしてたので。

小旅行や食事にこだわったりなど余裕をもちたい方は、月5万ほどみておけば充実したフィリピンライフを送れると思いますよ。

オススメの節約方法

「充実した留学にはお金がかかることもわかってるし、そこまで節約しなくてもいいかな。」
って思っている方もいらっしゃるかと思います。

ここではそこまでストレスはかからず比較的に楽に節約できる方法を2つ紹介します。これをしたことで留学のクオリティが下がることはありませんよ笑。

格安航空券(LCC)を利用する

実は海外航空券も航空会社によって大きな差があるんです。

例えばJAL・ANAなどの「フルサービスキャリア(FSC)」で行こうとすると往復で10~20万円程かかってしまうことも!しかし、FSCでフィリピン最大手の航空会社である「フィリピン航空」はフィリピン各所に日本各地からの直行便があるのでJALやANAと比べるとお安く、地方からの出発の場合なども利用しやすくなっています。

また、直行便ではなく韓国・台湾・中国を経由して行く韓国系・中華系の航空会社だと同日程でも3万円前後(往復)安くなります。
しかし、時間がかかってしまうというデメリットもあります。

一番のオススメは格安航空会社(LCC)を利用することです。

例えばジェットスターやセブパシフィックなどが挙げられます。プロモーションなどを不定期でやっているのでそこでうまくチケットを取れれば、往復2万円以下で取れることも!

ただし、座席はANAやJALと比べて狭いですし、ドリンクなどの機内サービスもありません。預ける手荷物重さによって値段が変わります。しかし自分がほしいサービスは別途支払ったら提供してもらえますし、広めの座席も選べたり自分でアレンジできるので取捨選択できるのは嬉しいポイントです♡

私は今回LCCを利用しましたが、キャンペーン後に購入したため少し割高になってしまいました。安いチケットをゲットするためにも定期的に各LCCのサイトをチェックしておくことをおすすめします☆
お得なフライトチケットを探すためにスカイスキャナーなどの料金比較サイトの使用も有効的です!

クレジットカード保険を利用する

留学だけでなく海外に行くときには必ず加入しておくべき海外旅行保険。

私は留学中はクレジットカード保険を使用せず別で海外旅行保険に加入してましたが、現在は世界一周中に利用しています。

留学していたときの費用は2ヶ月で36,830円と留学費用においても大きなウェイトを占めています。

そんななか実は節約する方法があるんです!

90日以内の渡航期間であれば、海外旅行保険をクレジットカード付帯の保険にするという方法です

楽天カードやエポスカードなどのカード会社が無料でこのサービスを提供しているので気になる方はぜひチェックしてみてください!

これを利用するとクレジットカード付帯の海外旅行保険にするとなんと0円になるんです!

しかも、なかには入会金・年会費が一切無料のものもあります。このクレジットカード保険を利用するだけでかなりの節約に繋がります。


しかしメリットだけでなく注意してもらいたい点もあります。

クレジットカード保険の注意点その1

クレジットカードの海外旅行保険には自動付帯と利用付帯の2タイプがある

『自動付帯』は、クレジットカードを所持しているだけで海外旅行保険に自動的に加入していることです。手続きや登録は全く必要がありません。
『利用付帯』は、ツアー代金や旅行中の公共交通機関の料金を支払う際にクレジットカードを利用することで海外旅行保険が適用されるものです。

出発前に自分の所持しているクレジットカードがどちらになるのか必ず確認する必要があります。

クレジットカード保険の注意点その2

クレジットカードの保証だけでは、完全に費用をカバーできないことがあること

最も利用する可能性が高い怪我や病気で使う病院代の保証。これらの場合、普通の保険だと3000万円まで保証されますが、クレジットカード付帯の保険だと200万円前後になります。

フィリピンでの治療費はクレジットカード付帯の保険の上限額以上に高くなることが少ないですが、不安な場合は保険会社の海外旅行保険に加入することをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

前から書きたかったテーマだったのですがなかなか書き進めれず今になりました笑。
今後フィリピン・セブ島に留学する予定の方の少しでも参考になれば幸いです。
今回少し使いすぎた感がありますが個人的にはとても充実していたので後悔はしていません!!
そして最後に世界一周など今後旅を予定されている方は『CROSSxROAD』での留学をオススメします!語学力だけでなく旅の情報や旅友達などそれ以上のことが得られますよ☆

ABOUT ME
tomokarin
tomokarin
27歳。女子。職業は助産師。 好きなものは旅とお酒と音楽(特にROCKとEDM) 2018年4月〜8週間セブ留学終了 10月〜西廻り世界一周予定